西日本豪雨による「四国眼鏡展 in 小林メガネ」の中止について。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 13:29

 

西日本豪雨による「四国眼鏡展 in 小林メガネ」の中止について。

 

7月21(土曜)、22日(日曜)と予定しておりました

「四国眼鏡展 in 小林メガネ」はこのたびの西日本豪雨のため

中止することになりました。楽しみに待ってくださっていたお客様には申し訳ございませんが

ご了承くださいませ。

必ず、再開できるタイミングになりましたら今回のイベントを開催したいと思います。

 

 

西日本地域は暑さも厳しくなってきております。

このたび被災された方々には

体調面も含めて熱中症等にもお気をつけくださいませ。

 

イベント「四国眼鏡展 in 小林メガネ」の開催日変更について。

  • 2018.07.06 Friday
  • 11:03

 

明日、明後日7月7(土曜)、8日(日曜)と予定しておりました

「四国眼鏡展 in 小林メガネ」は

悪天候のため7月21(土曜)、22日(日曜)に開催する事となりました。

ご来場をご予定いただいておりましたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが

ご了承くださいませ。

 

全国的に荒れ模様のお天気となっております。

皆様のお住まいの地域でも大雨のところになっているところもあると思いますが

お気をつけてお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

 

7月21(土曜)、22日(日曜)の2日間、倉敷で「四国眼鏡展 in 小林メガネ」という企画をやります。

岡山県JR倉敷駅から数分歩いたところにレトロな街並みが残る美観地区と呼ばれる地域があります。大正から現・美観地区内にお店を構えている「小林メガネ」さんが今回も会場になります。普段の営業は小林ヤスヱさんと猫。ゆったりとした癒し空間を持つ眼鏡屋さんです。

そして今回、Fascino Ribelle(ファッシノ・リベッレ)は倉敷にも物凄く所縁のある「本藍を使ったフレーム」を

お見せ致します。ぜひ、楽しみにご来場くださいませ!


「四国眼鏡展 in 小林メガネ」
2016年7月21日(土曜)12:00-19:00 / 22日(日曜)10:00-17:00

場所:〒710-0055

   岡山県倉敷市阿知2−17−23

 

催事のお知らせ。

  • 2018.06.14 Thursday
  • 17:21

 

Fascino Ribelle (ファッシノ・リベッレ) 取扱店のミラール様のイベントの告知です。

 

 一度の別会場催事として、メガネフェスティバル が催されます。

 

□ 会期 6/14㊍〜19㊋ 

□ 会場 東武百貨店池袋店5階メガネサロン8F 催事場(3番地)

□ 営業時間 午前10時〜午後8時 *最終日は午後5時閉場

 

Fascino Ribelleのフレームをフルラインナップに近いかなりの数のモデルをご覧頂けます。

東京近郊にお住いの方は是非、ご来場くださいませ!

 

 

「不特定多数の誰かの為ではない」メガネ。

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 18:43

今回、Fascino Ribelle(ファッシノ・リベッレ)はカケル2018

にエントリーすることになりました。

エントリーしたモデルは Fascino Ribelle F17/032 Col.N149 leggero。

 

このモデルのコンセプトは

 

「不特定多数の誰かのためのメガネではなく」、レギュラーサイズが合わない貴方のためのフレーム。

 

少ないニーズだからビジネス的にも、そこのサイズ感のモデルを作るメーカーもあまり無く、

取扱店も少ない。まさに大きいサイズ感を求められるユーザー様にとっては負の連鎖。

 

「サイズが合ったらこのフレーム買ったのに、、、。」

「フィッティングしてもらったけど、やっぱりかけ心地がもう一つ、、、。」

 

当ブランドにしても、このサイズ感を作ることは大きなリスクになるのではと、当初は思っていました。

しかし、ユーザー様の声に耳を傾けると、

「このサイズ感を待ってたんだよ!!!」

「大きいけど、重く無くて掛けやすい!!!」

 

などなどFascino Ribelleがメガネブランドとして足りなかったピースの部分を、また一つ形にしました。

 

もちろん

ただ、今までのデザインをサイズUPしただけではありません。

フレームに記載しているleggero(レッジェーロとは”軽やか”とか”軽量”という意味のイタリア語です。

スポーティーな装いの場面をイメージして作ったモデルになります。

当ブランド的には”軽やかな掛け心地”という意味合いを持たせて付けた名前です。

 

これからもFascino Ribelleを選んでくださるユーザー様のためのフレームをデザインしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

blue2@TokushimaとTurn Table

  • 2018.05.10 Thursday
  • 23:54

徳島県「東京常設展示場」グランドオープン・セレモニーに出席して来ました。

場所はザ・コンランショップ 新宿本店も入っている新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONEの七階になります。

blue2@Tokushimaで(ブルーブルーとくしま)と読みます。
当Fascino Ribelle(ファッシノ・リベッレ)の本藍を使ったメガネフレームもこの会場に常時展示される事となりました。


リニューアルオープンされたblue2@Tokushima。もちろん阿波の本藍で染められたAI/TOKUSHIMAのタペストリー。

 

セレモニーは関係者の方々で賑わっておりました。

 

 

当ブランドの本藍を使ったメガネフレームも陳列してもらってます。

 

 

営業時間
OZONE
10:30〜19:00
ザ・コンラン ショップ 新宿本店のみ
11:00〜19:00
休館日
水曜日(祝日除く)・夏期・年末年始
  • ※ザ・コンランショップ 新宿本店、OZONEパークサイドオフィスは休館日が異なります。

東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
TEL:03-5322-6500(代) FAX:03-5322-6501

 

そしてもう一つの今年2月に東京渋谷区神泉町にオープンした、徳島県の魅力を発信する施設を応援する場所

Turn Tableに移動して、、、。

ここは1FがBAR。徳島の食材が購入できます。上勝クラフトビールなんかも飲めちゃいます。

2Fがおしゃれなレストラン。3F、4F、5FがHostelになっており宿泊も可能です。

徳島さん木材で作られたウッドデッキは防虫、防腐を兼ねて藍で染められていました。入り口にも阿波藍で染められた暖簾が。

 

↑飯泉知事が店内奥に書かれた壁画アートについて説明なされてます。↑青石で組まれたカウンター。

 

徳島に来られ眉山の山頂に登られた方はわかったかもしれませんが徳島の街なみ、、、。と思いきや

このTurn Tableのある渋谷の街なみと融合しております。

 

2Fはおしゃれなレストランになっておりました。

今度、春の展示会のときは会場が近くて便利なので、東京出張の際にはここに泊まってみようかな。笑

Address
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-3
10-3, Shinsen-cho, Shibuya-ku Tokyo, 150-0045
Tel
RESTAURANT : 03-3461-7722 / +81-3-3461-7722
HOSTEL : 03-3461-7733 / +81-3-3461-7733
Route
京王井の頭線 神泉駅より徒歩3分
3-min walk from SHINSEN station on the KEIO INOKASHIRA Line
JR渋谷駅よりマークシティ経由で徒歩13分
13-min walk from JR SHIBUYA station via MARK CITY
ぜひぜひ、東京の方も県内外の方も一度は訪れていただければ、一徳島県民として嬉しい限りです。
よろしくお願いいたします。

Privateeyes 2018. 5月号 掲載。

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 15:56

Privateeyes5月号表紙と特集記事EYEWEAR New Collection2018 vol.1に

FascinoRibelle ”本藍を使用したモデル”が掲載されました。

 

 

 

 

 

プライベートアイズ 特集記事の冒頭にご紹介いただいております。

 (Privateeyes 2018. 5月号)

Fascino Ribelle /本藍を使ったメガネ(Version2)

  • 2018.04.27 Friday
  • 20:14

春の展示会 megane OtOnare 2018も無事に終えることができました。

ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

さて、そのオトナレにて今期、発表したモデルのご紹介をしたいと思います。

 

本藍を使ったメガネのVersion2として今期、発表しましたモデル。

F10/012とF16/030の本藍モデルです。

 

初期段階からファッシノらしさのシルエットで制作できるようになりたいと思っておりましたが

立体的なフォルムに本藍を使用することが難しく課題となっておりました。

今期のモデルはそれを実現した画期的なモデルです。

 

 

それでは一部ですが、ご覧くださいませ。

 

 

F16/030

 

 

 

F10/012

 

なお、販売時期はもう少し先となります。現物を手に取って見て頂くと本当に藍の美しさを感じていただけれると思っております。

職人が手仕事で作っておりますのでお時間がかかりますが、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

まずは先行予約販売をしているF17/031サングラスモデルがショップにもうすぐ届く予定ですので

そちらもご覧くださいませ。

 

Fascino Ribelleは「藍とくしま」ロゴマークの認証を受けました。

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 23:04

春の展示会 「megane OtOnare2018」でも様々な方に

綺麗なフレームだと評価をいただきました本藍を使用したメガネ Fascino Ribelle F17/031 indacoシリーズ。

このindaco(イタリア語/藍)シリーズに新たなモデルが加わりました。

やりたい事が一歩ずつではありますが、前進しております。

後日、このblog内でもご紹介したいと思います。

お楽しみに!!!

 

そして大切な発表がございます。

この度、Fascino Ribelle F17/031 indacoシリーズは徳島県から「阿波藍(本藍)のみ」を使用した商品として

「藍とくしま」ロゴマークの認証を受けました。

徳島の本藍の伝統文化の発展のためにも本物にこだわった、良い物作りを続けていきたいと思います。

"藍を使った eyewear" F17/031 indaco シリーズ 販売開始!

  • 2018.03.10 Saturday
  • 11:01

昨年、秋の展示会にて発表し、皆様から多くの好評いただき受注生産に入っておりました

"本藍を使った" eyewear !

Fascino Ribelle F17/031 indaco(インダコ/イタリア語で藍の意味)モデルが、

ようやく今月から*一部、販売いたします。

*パッチ枠柄のcol.N 146は5月出荷予定でございます。職人の手作業にて行う工程が多いので納品に

お時間がかかりますことをご了承くださいませ。

また一部のお取扱店様へのcol.N 147,col.N 148の納品も遅れておりますことをお詫び申し上げます。

 

 

 

「本藍を使ったメガネ」

 

2020年東京オリンピックのエンブレムカラーにも採用され
Japan Blueとして今、再び脚光を浴びている藍。

 

阿波藍の歴史は古く、起源は平安時代まで遡ると言われております。

江戸時代には栄華を極め、阿波徳島で収穫された藍の原料となる蒅(スクモ)が日本全国に流通されておりました。

 

  • 本物にこだわる理由

  現代社会は見た目だけ藍染め風の安価な製品が市場に氾濫し

本物が持つ優れた品質を知らないまま、価格の安い商品が買い求められがちです。

何もそれは藍染に限ったことではありません。

メガネも含めたプロダクト全てのジャンルにも当てはまるのではないでしょうか。

 

昔は漢方の薬としても用いられた藍は、人体に害がなく安全なことから

肌が敏感な方などにも安心して使用して頂けます。

耐久性も高くまた燃えにくい性質があるほか、防虫、消臭、UVカットなどの効果にも優れています。

これらは、化学染料、人工的な薬品を用いた藍染め風な製品にはない、本物だけが持っている特徴です。

 

本製品には人工染料や外国産の藍染料は一切含まず
産地 徳島の本藍が使用されております。

手間と時間を費やし苦労の多い藍染めですが、

2年以上の試行錯誤を経てようやく製品化にたどり着いた本物の良さを纏ったフレームです。

 

「本物の原料を本物の技で仕上げた商品を皆様へ、、、。」

 

眼鏡の産地・福井と藍の産地・徳島のコラボレーションモデル!

どうぞ Fascino Ribelle 取扱店にて、ご覧下さいませ。

年末のご挨拶。

  • 2017.12.29 Friday
  • 17:50

いつも大変お世話になっております。


FascinoRibelle/RAMOT EYEWORKS 山口です。
早いもので、今年もまた年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。


ユーザー様やお取り扱い店の皆様におかれましては
ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

来年もNewモデルを始め、少しでもサービスの向上を図るよう、
誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。


尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

年末年始休業期間: 12月30日( 土曜日 )〜1月4日( 木曜日 )
新年は1月5日( 金曜日 )10:00より営業開始となります。

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM